スターバックスに監視されている!?フリーメイソンとの関係性

1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店。

今では世界的人気を誇り、世界的大企業になったスターバックス。

実は世界を裏で支配していると言われるフリーメイソンと深い関係があり、世界を監視しているのかも知れません。

フリーメイソンとは

フリーメーソンとはもともと石工組合の集まりで、規模が大きくなるにつれて組合の中に貴族や警察、政治家などが入り込んできたと言います。

大きくなった組織をコントロールするため、1171年にイギリスにグランドロッジを建設しました。

この建設により秘密裏にイギリスの支配が完了したと言います。

フランス革命

フリーメイソンはイギリスの支配完了後、次にヨーロッパに目をつけ、あのフランス革命を起こしたと言われます。

なぜフランス革命にフリーメイソンが関与していると言われているかというと、フランス革命の理念は自由・平等・博愛であり、フリーメイソンの理念と全く同じであるからです。

自由の女神像

1776年7月4日にアメリカ合衆国の建国があり、この戦争は世界初の独立戦争となりましたが、実はこのアメリカの建国にもフリーメイソンが関与していたのです。

その証として自由の女神像がフランスからアメリカに贈られたと言います。

この自由の女神像はフランスのフリーメイソンからアメリカのフリーメイソンへの支配完了の証と、メイソン国家の仲間入りを表す贈り物だったのです。

支配される日本

日本も現在着実にフリーメイソンに侵略されつつあると言われます。

この侵略が公に目に見える形であるのがスターバックスなのです。

スターバックスのロゴマークは可愛らしい人魚のイラストだが、このロゴにフリーメイソンからのメッセージが込められているのです。

初期のロゴマークと悪神

初期のロゴマークは黒ベースで人魚のセイレーンが写ってるいるものです。

この初期ロゴマークを反転させると悪神バフォメットに酷似しているのです。

画像はhttps://ja.wikipedia.orgから引用

この悪神バフォメットはフリーメイソンの前身であるテンプル騎士団が崇拝している神とでっち上げられていました。

のちにテンプル騎士団はフランス国王にこの濡れ衣をきさせられ、処刑されました。

近ずいてくるセイレーン

ロゴに移るセイレーンですが年々徐々に近ずいてきているのがなんとも不気味なところです。

もしかするとあとなん年後かにはセイレーンが枠を飛び出しているかも知れませんねw

ちなみに皆さんはどの年代のロゴが好みですか?

スターバックス本社の監視する目

このスターバックス本社には堂々とフリーメイソンであると公言しているかのごとく建築されている。

この一番上にあるセイレーンが目の形になっているのがわかると思います。

このセイレーンの目の形はフリーメイソンが監視しているというメッセージが込められていると言います。

日本にある支配の証

フリーメイソン支配の証として置かれる自由の女神像が日本のお台場にもあるということ。

つまりもしかすると、日本はすでにフリーメイソン国家に支配れているのかも知れません。